青春18きっぷの使い方から裏技まで全部紹介します!

青春18きっぷ研究所

トップ >> 基礎知識 >> 北海道新幹線オプション券

青春18きっぷ北海道新幹線オプション券とは

「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」とは、北海道新幹線の奥津軽いまべつ~木古内間と、道南いさりび鉄道木古内~五稜郭間を利用できるチケットです。青春18きっぷ本体(または秋の乗り放題パス本体)と併用する形でのみ利用できます。これを使うことにより、青春18きっぷユーザーも、津軽海峡区間を新幹線で移動できるようになります。

北海道新幹線オプション券の基本ルールと値段など詳細をご説明しましょう。

広告

北海道新幹線オプション券の基本ルール

  • 北海道新幹線奥津軽いまべつ~木古内間の普通車の空いている席、および道南いさりび鉄道線木古内~五稜郭間の普通列車が1枚につき片道1回のみ利用できる。
  • 北海道新幹線奥津軽いまべつ駅とJR在来線の接続駅(乗り換え駅)は津軽線津軽二股駅。
  • 北海道新幹線と道南いさりび鉄道線との利用行程が連続していることが必要。
  • 「青春18きっぷ」または「秋の乗り放題パス」との同時利用が必要。
  • 有効期間は乗車日当日限り。
  • 道南いさりび鉄道での途中下車前途無効。木古内、五稜郭では下車可能。
  • 北海道新幹線奥津軽いまべつ~木古内間以外の区間にまたがって、新幹線に乗車する場合には、新幹線乗車全区間の運賃および料金が別に必要。
  • 価格は2,300円。(秋の乗り放題パスにはこども用1,150円あり)
  • 全国のJR駅窓口などで発売。

使い方のポイント

「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」を利用する場合は、青森~(津軽線)~津軽二股~(乗り換え)~奥津軽いまべつ~(北海道新幹線)~木古内~(道南いさびち鉄道)~五稜郭・函館と乗り継ぎます。津軽二股駅と奥津軽いまべつ駅は別の駅ですが、両駅は隣接しており、乗り換えには10分もかかりません。

ただし、乗り継ぎの接続は悪く、青森~函館間の所要時間は最短でも5時間くらいかかります。津軽線も奥津軽いまべつ停車の北海道新幹線も列車本数は多くないので、事前に時刻表をよく調べて、乗り継ぎを確認しておくといいでしょう。

なお、オプション券の有効期間は1日間なので、津軽二股~五稜郭までを1日で乗り切る必要があります。現実的には、青森~函館を1日で乗り切るきっぷと考えましょう。

このオプション券は青春18きっぷ(または秋の乗り放題パス)との併用が条件です。そのため、利用時には当日有効のスタンプを青春18きっぷに押してもらった上で、別途購入したオプション券を使って新幹線改札に入ります。北海道新幹線は「はやて」「はやぶさ」とも全席指定席ですが、空いている普通車の空席に座ることができます。

↑ PAGE TOP