青春18きっぷの使い方から裏技まで全部紹介します!

青春18きっぷ研究所

トップ >> 区間 >> 山陽本線

山陽本線の上手な利用法

山陽本線は、神戸市と北九州市を結ぶJR路線です。途中、岡山、広島、下関などを経由します。関西と九州を結ぶ大動脈ですから、列車本数も多く、利用しやすい路線といえるでしょう。

山陽本線を青春18きっぷで利用する際のポイントとなるのは、列車本数の少ない姫路~岡山間。また、時間がかかる山口県の横断などです。

以下では、青春18きっぷで山陽本線を旅行する際のポイントをご紹介します。なお、山陽本線は正確には神戸~門司間の路線ですが、ここでは大阪~小倉として扱います。

広告

山陽本線の乗り継ぎプラン

大阪・神戸~姫路~(相生)~岡山~糸崎~(広島)~岩国~(新山口)~下関~門司・小倉

大阪・神戸~姫路

大阪・神戸~姫路間は、新快速を利用するのが基本。15分間隔で運転されていて、クロスシート車両で快適です。

姫路・相生~岡山

山陽新幹線の難所の一つが、相生~岡山間。列車本数は毎時1往復で、3~4両編成の列車が多いです。そのため、青春18きっぷの期間中は混雑することで知られています。姫路~相生~岡山と乗り換えることが多いです。

途中の和気や長船~岡山以西の直通列車が出ていることもありますので、事前に時刻表を確認して、うまく始発から乗れるようにするといいでしょう。

混雑を避けるなら、赤穂線経由という手もあります。姫路~播州赤穂~岡山と乗り継ぎます。山陽本線経由より時間は少しかかりますが、列車は空いています。

岡山~岩国

山陽本線の岡山・広島エリアは、比較的スムーズに乗り継げる区間です。乗り継ぎ可能な有効本数はおおむね30分に1本。岡山~広島の直通列車は少なく、途中糸崎または三原で乗り換えとなるケースが多いです。

岩国~下関

岩国~下関が山口県です。所要時間が3時間のロングコースで、乗り換えなしの直通列車と途中新山口での乗り継ぎパターンがあります。できれば、直通列車に乗りたいところです。関西~九州を移動する人は、岩国を休憩地点として考慮しておきましょう。

下関~門司・小倉

関門トンネル区間です。列車本数は多く、下関での乗り継ぎも悪くありません。下関~小倉はわずか13分なので、席などは気にせず、来た列車に乗るといいでしょう。

山陽本線で食事しやすい駅

姫路

姫路は新快速の発着地。山陽本線を利用すると、姫路で乗り換えることは多いです。駅は駅ビルや駅近くにグルメスポットも豊富なので、食事には好適です。

岡山

岡山も乗り換えになることが多い駅です。ここで食事をして、早めにホームに行き、始発列車の席をゲットするのは基本戦術です。駅近くに食事処も多いです。岡山~岩国間は途中糸崎、三原が乗り換え駅になりますが、駅近くの飲食店は豊富でないので、岡山または岩国で食事休憩を取るのがいいでしょう。

広島

広島駅ビルにはお好み焼きの専門店街があります。せっかく山陽本線に乗って広島を横断するなら、ぜひ広島名物お好み焼きを食べてみましょう。

岩国

あまり大きな駅ではなく、市街地からも離れているので、食事処は多くありません。ただ、食事できるところはありますし、乗り換え地点として食事が摂りやすい場所です。

下関

駅近くに商業施設が豊富。そのため、グルメのお店も多いです。

山陽本線のエキチカ温泉

ゆーぱーく光

山口県光市の島田駅より徒歩約5分の温浴施設。2012年オープン。大浴場・家族風呂、サウナ、休憩室を備えています。

日乃出温泉

下関駅より徒歩10分の公衆浴場。銭湯価格で入れるのが魅力。

↑ PAGE TOP