青春18きっぷの使い方から裏技まで全部紹介します!

青春18きっぷ研究所

トップ >> 区間 >> 大阪〜鹿児島

大阪〜熊本の上手な利用法

大阪〜鹿児島は、青春18きっぷで同日着をすることはできません。同日に着くためには、途中でワープが必要です。ワープの区間は川内〜新八代です。ワープをしたとしても、17時間ほどかかります。旅程はタイトなので、事前によく時刻表を確認してください。

以下では、青春18きっぷを利用して大阪〜鹿児島を移動する際のモデルルートと攻略法のポイント、裏技などを解説します。

広告

モデルルート

大阪〜姫路〜相生〜岡山〜三原〜広島〜岩国〜新山口〜下関〜小倉〜大牟田〜新八代〜(新幹線)〜川内〜鹿児島

ポイント1 新幹線ワープが必要

大阪〜鹿児島は普通列車だけで同日着することはできません。新八代〜川内間を新幹線でワープして、ようやく17時間ほどで到着できます。乗換は10回程度です。朝6時頃に出て夜23時台に着くというのが標準。そのため、時間の余裕はありません。新幹線区間の別運賃・料金は3,550円です。

新幹線代と青春18きっぷをあわせると、合計6,000円程度が大阪〜鹿児島間の必要になります。LCCの価格などとも比べてみて、無理に青春18きっぷを使わないでもいい区間です。

ポイント2 姫路、相生、岡山の接続をよく確認しておく

姫路・相生〜岡山間は、毎時1本程度の普通列車が3両編成で運転されます。そのため、座れないことも多いです。峠の路線で揺れますので、結構つらいです。接続を確認して、早めに着いて、座れるようにしておきましょう。

ポイント3 糸崎・三原乗り換えに注意

糸崎・三原は乗り継ぎ駅です。下りの場合は糸崎で、上りの場合は三原で乗り換えると座りやすいです。

ポイント4 食糧を持ち込んで移動

スケジュールがタイトなので、食事ポイントはあまりありません。強いて挙げれば、中間地点の広島が、駅前に食事ポイントが多く便利です。ただ、食事で途中下車するなら、そのぶん出発時間を早めなければなりませんが、あまり余裕はありません。苦しいですが、食糧を持ち込んで食事も車内で済ませるといいでしょう。

↑ PAGE TOP