青春18きっぷの使い方から裏技まで全部紹介します!

青春18きっぷ研究所

トップ >> 裏ワザ >> ワープ

青春18きっぷの裏技・ワープ

青春18きっぷは、普通列車しか乗れません。でも、それだとどうしても時間がかかりすぎたり、どうしても目的地にたどり着けなかったりします。そういう場合に使うのが「ワープ」です。

簡単にいうと、ワープとは一部区間を新幹線や特急などに乗ることです。しかし、むやみやたらと「特急に乗ればいい」というわけでもありません。ここでは、上手なワープの方法をご紹介しましょう。

なお、ワープ時には、青春18きっぷは使えません。乗車券と特急料金が別途、両方必要です。

広告

効果的なワープ区間を探せ!

効果的なワープ区間というのがあり、達人はそれを熟知しています。たとえば、東京〜博多を「ムーライト」と使わないで移動する場合、広島〜新山口をワープすることで経済的に同日着できます。ワープすることで宿泊が不要になるのですから、費用対効果の高いワープといえます。

新幹線の特定特急料金区間は安くて効果大

新幹線には、特定特急料金区間という制度があり、隣同士(だった)駅間の新幹線特急料金が格安に設定されているものです。これを上手に利用することで、ワープの費用を抑えることができます。

具体的に、費用対効果の高い特定特急料金区間が以下の通りです。

  • 三島〜静岡(普通列車が混雑する上に遅い)
  • 静岡〜浜松(普通列車が混雑する上に遅い)
  • 相生〜岡山(普通列車の本数が少なく混雑する)
  • 新下関〜小倉(普通列車の下関の乗り継ぎが悪い場合に利用価値)

特定特急区間の連続ワープ

上記のうち、たとえば三島〜静岡間だけを新幹線に乗っても、大きな時間短縮効果は得られません。在来線と新幹線の乗り換え時間でロスが出ますので、在来線にそのまま乗り続けても時間的に大してかわらない、ということになるからです。

この場合、三島〜静岡、静岡〜浜松と継続して乗ることで、大きな時間短縮効果を得ることができます。このとき、三島〜静岡、静岡〜浜松を分割して自由席特急券を購入すると、そのほうが安くなります。つまり「三島〜静岡」「静岡〜浜松」と「連続ワープ」するのです。特定特急料金の合算で距離を稼げる区間では効果があります。上記「三島〜浜松」では約1時間の時短効果が出ます。

在来線が大回りの区間

在来線が新幹線に比べて大きく距離が長い場合、新幹線を利用する効果が増大します。

  • 名古屋〜米原(在来線が岐阜経由で大回りの上、大垣〜米原の乗りにくい区間がある)
  • 広島〜徳山(在来線が柳井経由で大回り)

上記2区間は、さらに延長して名古屋〜京都、広島〜新山口間で「のぞみ」を利用すれば、より時間短縮効果が高くなります。

新幹線を使ったワープについては、「青春18きっぷと新幹線を組み合わせるワープ旅行術」もあわせてお読みください。

第3セクター区間

新幹線が開通したために、JRから第3セクターに転換されてしまった区間です。第3セクター区間は青春18きっぷが通用しないので、どのみち別運賃を払わないといけません。その際、第3セクターは運賃が高いので、新幹線に乗ってもあまり変わらない場合もあります。

  • 新青森~新函館北斗(在来線で直通できない)
  • 盛岡〜八戸(運賃が新幹線でもあまり変わらない)
  • 高崎〜長野(在来線で直通できない)

(※新八代〜川内間は、肥薩おれんじ鉄道が青春18きっぷ向け割り引き切符を出しているので、それを使った方が有利。金沢〜糸魚川〜直江津は第三セクターの運賃はそれほど高くないので、新幹線だと高く付く)

普通列車の本数が少ない区間

普通列車が少ないために、特急を利用せざるをえない区間もあります。なかなか来ない普通列車を待つくらいなら、2000〜3000円を出してのワープもやむを得ないでしょう。

  • 石北本線 上川〜遠軽間
  • 函館本線 滝川−深川間
  • 田沢湖線 盛岡−田沢湖間
  • 奥羽本線 福島−米沢間
  • 上越線  高崎ー越後湯沢間
  • 豊肥本線 宮地−豊後竹田間
  • 日豊本線 佐伯−延岡間

夜行フェリーの運航している区間

青春18きっぷはムーンライト以外の夜行列車は乗れません。そのため、フェリーを使うと効果的なワープができます。とくに、夜に使うと宿代が浮くというメリットがあります。

  • 青森〜函館(津軽海峡区間は、青春18きっぷが使えない)
  • 八戸〜苫小牧(噴火湾をショートカットするので早い)

LCCの運航している区間

「究極のワープ」とでもいえるのが飛行機の活用。大手航空会社だと予算オーバーすぎますが、LCCなら青春18きっぷのワープとして使うことはできるでしょう。長距離を一気に稼ぐには、やはりLCCでしょう。

  • 東京・大阪〜札幌(青春18きっぷで到達するのは困難)
  • 東京〜福岡(青春18きっぷだけでは1日で着けない)

ワープをしても無駄な場合

原則論としては、ワープはせいぜい100〜200キロ程度の中距離に意味があります。長距離をワープすると、特急料金と普通乗車券で5000円以上になることもあり、青春18きっぷの格安旅行の意味が薄れてしまいます。

↑ PAGE TOP