青春18きっぷの使い方から裏技まで全部紹介します!

青春18きっぷ研究所

トップ >> 裏ワザ >> 北海道旅行

青春18きっぷで北海道を旅する!

青春18きっぷで北海道を旅するのは素晴らしい体験です。北海道の無人駅を一つ一つ停まるローカル線で旅をしてみましょう。

とはいえ、北海道を青春18きっぷで旅するのは簡単ではありません。本州から北海道へは津軽海峡越えが大変ですし、盛岡以北の第三セクターでは青春18きっぷが使えない区間がある、というハードルもあります。

ここでは、青春18きっぷで北海道を旅する人のための裏技を解説します。

広告

北海道新幹線開業後の北海道上陸方法

2016年3月26日の北海道新幹線開業後は、津軽海峡を渡る青函トンネル区間の旅客列車は新幹線専用となりました。そのため、在来線で北海道へ渡ることはできなくなり、青春18きっぷ「だけ」で北海道へ渡ることもできません。

この区間には「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」(別料金)が設定されましたので、それを購入すれば、奥津軽いまべつ~木古内間で新幹線に、木古内~五稜郭間で道南いさりび鉄道に乗車できます。

そのため、青春18きっぷで北海道へ上陸するためには、青森から津軽線で津軽二股駅に至り、隣接する奥津軽いまべつ駅から北海道新幹線「はやぶさ」または「はやて」に乗車し、木古内で下車、道南いさりび鉄道に乗り換えて五稜郭・函館に至る、という手順になります。

ただし、この区間の列車の接続が悪いため、別料金を払ってまで乗ることは、あまりおすすめしません。

フェリーを使って北海道へ上陸!

東京から青春18きっぷで北海道へ向かう場合、東北本線で盛岡まで進み、そこから別料金で「IGRいわて銀河鉄道」と「青い森鉄道」に乗るというのが基本的なルートです。

その後、鉄道利用にこだわるなら、青森から津軽線で津軽二股駅にいたり、そこから「北海道新幹線オプション券」を使って新幹線で北海道に渡ることになります。ただ、オプション券は別料金ですし、時間も結構かかります。それよりも、八戸から苫小牧までフェリーを使うと、手頃な価格で苫小牧までワープできます。これは基本的な裏技として知られています。

青森まで青春18きっぷで到達した場合も、フェリーで函館まで行くことができます。青函間は北海道新幹線開業後、青春18きっぷ「だけ」で津軽海峡を渡ることはできなくなるなりましたので、こうしたフェリーを使うという選択肢も視野に入れましょう。深夜便を使えば宿代を浮かすこともできます。

大阪から北海道へ向かう場合は、青春18きっぷだけでは時間がかかりすぎますので、舞鶴や敦賀から新日本海フェリーを使って小樽に上陸するといいでしょう。

北海道へのフェリーは、名古屋、大洗、仙台、八戸、青森、秋田、新潟、敦賀、舞鶴からの便があります。これらのフェリーを効果的に組み合わすことで、時間のかかる北東北から南北海道を効率よく通過することができます。

盛岡以北は高速+フェリーで

盛岡~八戸~苫小牧~札幌間は、高速バスとフェリーを乗り継ぐルートもあります。この区間には、「札幌・盛岡なかよしきっぷ」という割引きっぷが販売されています。

盛岡または札幌を夜に出発し、札幌または盛岡に午前中に着くという乗り継ぎです。価格は7,100円とそこそこしますが、使い勝手は悪くないきっぷです。

1日では青森まで着くのは難しい

東京から出発の場合、青春18きっぷ1枚で当日中に青森まで到達することはできますが、始発に乗る必要があり、利用できる人は限られます。それよりは、盛岡〜八戸を第三セクターか新幹線を使ったほうがいいでしょう。

同様に、青森から東京も青春18きっぷで1日でなんとか到達可能ですが、東京着は深夜になるので、利用できる人は限られます。

大阪や名古屋発の場合は、1日で青森まで着くことができません。それぞれ2日間かかります。相当にハードな旅になりますので、青春18きっぷの旅を究めたい!という人向けです。

北陸・信越線ルートは使えなくなった

大阪や名古屋から北陸・信越線をたどるコースは、2015年3月14日から利用できなくなりました。金沢〜直江津~長野が第三セクター鉄道に移管され、JR線ではなくなったためです。大阪や名古屋〜北海道を青春18きっぷだけで目指す場合は、東京から上越線を経由することになります。

LCCを使って北海道に上陸

最近は各地からLCCも増えていますので、LCCを使って北海道に行くのもおすすめです。その場合、成田空港や関西空港にも青春18きっぷで行けますし、新千歳空港にもJRが乗り入れていますので、青春18きっぷが使えます。

発駅→(青春18きっぷ)→成田・関西空港→(LCC)→新千歳空港→(青春18きっぷ)→着駅とすると、空港アクセスも格安になります。ちょっとした裏技です。

北海道内のおすすめ列車

快速エアポート
札幌と新千歳空港を結ぶ快速列車。LCCで新千歳空港に着いたらみんな使います。
札幌発旭川行き923D
札幌から旭川への列車は、午前6時発の923Dが基本。道東方面への接続がいい列車です。
滝川発釧路行き 2427D
いまや日本最長の普通列車です。上記923Dから乗り継いで、札幌〜根室を同日着できます。
快速「狩勝」
旭川〜帯広を結ぶ快速列車。上りは札幌まで接続良く到達できます。
快速「きたみ」
旭川〜北見を結ぶ快速列車。下りの場合、旭川から上川以東に青春18きっぷで抜けるにはこの列車を使うしかありません。
旭川〜稚内321D、4324D
旭川〜稚内を直通する普通列車が上下各1本あります。下り321Dに乗れば、旭川から宗谷岬まで日帰りできます。

時刻表をよーく調べる

上記「おすすめ列車」でもわかると思いますが、北海道内の普通列車の本数はきわめて少ないです。また、北海道は広く所要時間もかなりかかります。札幌から根室まで約500キロ、稚内まで約400キロあり、普通列車の移動は1日がかりです。時刻表をあらかじめよく調べておきましょう。

始発駅から乗り、早めに駅に行く

北海道の普通列車は編成数が短く、札幌近郊以外は基本的に1両〜2両編成です。ボックスシートの場合は、進行方向の窓際席は1列車につき数席だけ。いい席に座りたければ、列車は始発駅から乗車し、早めに駅に行って並びましょう。

北海道のローカル線の普通列車は空いていると考えている人も多いですが、青春18きっぷ期間中はそれなりに混みますし、とくに旅行者が使いやすい列車は混雑します。

↑ PAGE TOP