青春18きっぷの使い方から裏技まで全部紹介します!

青春18きっぷ研究所

トップ >> 裏ワザ >> 伊勢旅行

青春18きっぷで伊勢を旅する!

青春18きっぷで伊勢神宮に参拝したい、という旅行者は多いようです。伊勢神宮のJRの最寄り駅は伊勢市駅。名古屋、大阪からなら日帰りも可能で、東京からも東海道本線をたどって1日で着くことが可能です。1枚あたり2,370円の青春18きっぷは、伊勢神宮へ格安で参拝できる最強のチケットです。

ただ、名古屋から訪れる場合は「伊勢鉄道」に気を付けなければなりません。また、伊勢市駅から伊勢神宮までも歩くには距離があります。

ここでは、青春18きっぷを使って伊勢神宮を参拝するためのモデルルートや旅行法とちょっとした裏技をご紹介しましょう。

広告

伊勢神宮までのモデルルート

伊勢神宮までのルートは、大きく分けて名古屋ルートと京都ルート、奈良ルートの3つがあります。

名古屋ルート
名古屋→(快速みえ)→伊勢市
京都ルート
京都→(東海道本線)→草津→(草津線)→柘植→(関西本線)→亀山→(紀勢本線・参宮線)→伊勢市
奈良ルート
奈良→(関西本線)→加茂→(関西本線)→亀山→(紀勢本線・参宮線)→伊勢市

東京・名古屋からは「快速みえ」が便利

上記のルートのうち、便利なのが名古屋ルートの「快速みえ」です。名古屋〜鳥羽を結ぶ快速列車で、途中、伊勢市にも停車します。名古屋〜伊勢市までの所要時間は約1時間30分です。一部指定席もあります。名古屋からはもちろん、東京から訪れる場合も、名古屋から「快速みえ」を使うといいでしょう。

青春18きっぷで「快速みえ」に乗る場合の注意点としては、途中で伊勢鉄道を通る、ということです。伊勢鉄道はJRではありませんので、その部分だけ別運賃を払わなければなりません。伊勢鉄道を避けるには亀山経由の各駅停車に乗り換える方法がありますが、乗り換えが増えますし、1時間ほど余計に時間がかかります。

なお、「快速みえ」では車内検札がありますので、青春18きっぷで乗ったら伊勢鉄道のきっぷを持っていない場合は、車内で別運賃を支払うことになります。

「快速みえ」は並ぶか指定席で

「快速みえ」はクロスシートで快適な車両ですが、青春18きっぷシーズンには混雑します。自由席に座りたいなら、遅くても発車10分前に名古屋駅で並ぶ必要があるでしょう。伊勢市から戻る場合は、できれば鳥羽から乗車した方が座れます。青春18きっぷなら伊勢市〜鳥羽往復に別料金はかかりませんので、鳥羽見物を兼ねて言ってみてはいかがでしょうか。伊勢市〜鳥羽は15分ほどです。

「快速みえ」には指定席があり、指定席なら確実に座れます。指定席料金は時期により異なりますが、520円ほどです。

大阪からは奈良ルートがラク

大阪から訪れる場合は、上記の京都ルートか奈良ルートのどちらでも行くことができます。

所要時間では京都ルートが速いので、京都ルートで行く人も多いのですが、乗り換えが多いのが難点です。

奈良ルートの場合、大阪駅から「大和路快速」の加茂行きに乗れば、加茂、亀山の2回の乗り換えだけで伊勢市に着くことも可能です。着席チャンスも多いので、総合的には奈良ルートのほうがラクでしょう。ちょっとした裏技です。

伊勢神宮参拝にはバスを

JR伊勢市駅からは、伊勢神宮の外宮へは歩いて行けます。内宮へは徒歩だと1時間以上かかります。一般的には外宮→内宮の順でまわります。内宮へはバスでいきましょう。

↑ PAGE TOP