青春18きっぷの使い方から裏技まで全部紹介します!

青春18きっぷ研究所

トップ >> 裏ワザ >> 鎌倉旅行

青春18きっぷで鎌倉を旅する!

鎌倉へはJR横須賀線で訪れることができます。鎌倉は東京から近いので、首都圏から訪れる場合は青春18きっぷを使わないほうがお得なことが多いです。北関東や、静岡あたりから鎌倉を訪れるなら、青春18きっぷは便利でお得なチケットになるでしょう。もちろん、それより遠方の名古屋や大阪方面から訪れることもできます。

ここでは、青春18きっぷで鎌倉を訪れる人のための旅行法やちょっとした裏技を解説しましょう。

広告

鎌倉までのモデルルート

鎌倉までのルートは、東京から横須賀線で一本です。新宿からは湘南新宿ラインの逗子行きに乗れば乗り換えなしで着けますし、逗子行き以外は戸塚駅で横須賀線に乗り換えます。

東京・新宿→(横須賀線・湘南新宿ライン)→鎌倉

青春18きっぷ1枚で鎌倉に行けるエリアは?

青春18きっぷ1枚で鎌倉に到達できるエリアは、どこからどこまででしょうか。おおざっぱにいって、秋田・盛岡以南、広島以東です。これらのエリアからは、普通列車だけで1日で鎌倉に到着できます。青春18きっぷ1枚あたり2,370円で鎌倉まで来られるのですから、お得ですね。

とはいうものの、「鎌倉に行くだけ」に東北や関西からやってくる人はあまりいないかもしれません。多くの場合、横浜などとセットで訪れると思います。東京や横浜から日帰りで鎌倉を訪れる場合は、青春18きっぷを使うより、普通のきっぷを使ったほうがいいでしょう。

日帰りで青春18きっぷを使った場合のお得になるエリアは?

日帰りで鎌倉を訪れる場合、おおまかにいって片道運賃が1,400円を超える場所からなら、青春18きっぷのほうが安くなります。JRの 東京近郊の場合は、片道81kmを超えるエリアです。埼玉県なら大宮あたりから、静岡県なら三島あたりから、千葉県なら千葉あたりから、青春18きっぷで往復したほうが安いでしょう。

ただ、江の島を一緒に訪れるなら小田急を使って安くいく方法もありますし、必ずしも青春18きっぷが安いわけではありません。

鎌倉・江の島パスとも比較しよう

日帰りで鎌倉を訪れる場合、江の島とセットにする場合もあるでしょう。その場合は、「鎌倉・江の島パス」というチケットがあります。鎌倉〜大船〜藤沢間のJR線と、江ノ電、湘南モノレールが乗り放題になります。

このチケットなら、JR線は大船までの運賃で構いませんし、小田急で藤沢に入るという手もあります。青春18きっぷを使うより安くなることもあります。

鎌倉までの青春18きっぷ所要時間

関東近郊で、鎌倉まで青春18きっぷを利用して訪れる場合の所要時間の概算は以下の通りです。遠方から来る場合は、「横浜からの所要時間」とほとんど変わりありませんので、そちらをご覧ください。

  • 大宮から 1時間30分
  • 高崎から 3時間
  • 宇都宮から 2時間40分
  • 水戸から 3時間
  • 千葉から 1時間40分
  • 甲府から 3時間30分
  • 静岡から 3時間

「鎌倉フリー環境手形」を活用する!

観光名所は鎌倉市内には点在していますが、徒歩で全部見て回るのはちょっと大変かも。その場合は、「鎌倉フリー環境手形」を使いましょう。

これは、鎌倉市内の5つの路線バスと、電車の特定区間が一日自由に乗り降りできるお得なフリーきっぷです。鎌倉市内の主な観光地は、このフリーきっぷで訪れることができます。

「鎌倉フリー環境手形」には、JR横須賀線鎌倉〜北鎌倉間も利用できる「鎌倉フリー環境手形A『頼朝きっぷ』」と江ノ電鎌倉〜長谷間も利用できる「鎌倉フリー環境手形B『義経きっぷ』」の2種類があります。青春18きっぷ利用者は、横須賀線はそもそも乗り降り自由なので『義経きっぷ』を買うといいでしょう。

↑ PAGE TOP